内臓脂肪を減らす

内臓脂肪を減らす

内臓脂肪を減らす

体重が増えたわけではないのに
どんどんたるんでいく下腹に悩んでいる方
多いですよね。

 

下腹の皮下脂肪が燃焼するためには
ある順序があり、実は、内臓脂肪が
減ってからでないと、皮下脂肪が減って
いかないのです。

 

内臓脂肪を減らす

 

自宅に内臓脂肪が測れる体重計がある人は
ぜひ一度調べてみてください。

 

体重は標準なのに、内臓脂肪は
「多め」表示されていませんか?
内臓脂肪を減らしてスッキリしましょう!
Copyrights 

 

皮下脂肪と内臓脂肪は別もの

お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。
一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。

 

というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが
構造的な差はありません。

 

代謝を見ると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて
より機能的に活発な細胞です。

 

日本人男性では、お腹まわりが85cm以上あると
BMI(体重kg/身長m/身長m)の数値を問わず内臓脂肪が
増加している可能性があります。

 

特にお腹まわりがあるのに、腹部の皮下脂肪を手で摘めないよう
だと
内臓脂肪が増加している可能性が高くなります。

 

内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪は脂肪酸の出し入れが容易です。
筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は
筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪を、女性よりも
多く持ちやすい傾向にあります。

 

男性ホルモンは筋肉を増加させると共に、その熱源の
内臓脂肪を増加させる作用があります。

 

男性は内臓脂肪がつきやすく太っ腹になりやすいのです。
一方、女性ホルモンは内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える
傾向があります。

 

男性のお腹まわりは、内臓脂肪が多いためと
腹筋が多いために女性より太くなります。

 

同じ体脂肪率の男性と女性ならば、男性のほうが
内臓脂肪が多い事になります。

皮下脂肪ではなく、内臓脂肪を減らす

内臓脂肪の増加は、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の
促進につながります。

 

内臓脂肪は腹部にあるから腹筋運動と考える方が
いるかもしれません。

 

しかし、腹筋運動は腹筋を強くしますが、直接、内臓脂肪を
減らす効果はありません。

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動が内臓脂肪を減らします
よく有酸素運動は運動の持続時間が20〜30分以上ないと
脂肪の燃焼が起きないとされています。

 

この解釈は20〜30分以上の持続時間があれば確実という意味で
す。

 

これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きない
というわけではありません。

 

一番大切なのは総有酸素運動時間です。

 

30分を1回よりも10分を5回の方が総運動時間は長くなります
1回に20分以上と考えると億劫ですが、分割してもよい
と考えると有酸素運動を行う時の精神的な負担が軽くなります。
内臓脂肪を減らすために、誰でもできる有酸素運動
“歩くこと”を、おすすめします。

 

内臓脂肪を減らす

 

尿酸が高いのは内臓脂肪を蓄えている証拠
健診の血液検査の結果で尿酸値が高い時には
高尿酸血症=痛風を思い浮かべますね。

 

しかし、それだけではありません。
尿酸が高い人は中性脂肪が高くて、その上にできた中性脂肪を
皮下脂肪でなくて内臓脂肪に蓄積しているのです。

腹筋運動も大切

『お腹周り対策として、腹筋運動をしているけど
なかなか減らない…』というお話をよく聞きます。

 

実は、通常の腹筋運動は有酸素運動としては
持続時間が短いので熱量(カロリー)をあまり消費しません。

 

腹筋運動をして腹筋量が増えると計算上はお腹周り自体は
筋肉の増加した分だけ増す事になります。

 

しかし、腹筋が弱いと食後に胃の部分が突出して、
より太っ腹になってしまいます。

 

女性の目線が気になる男性は、ある程度の腹筋を
つけるようにしましょう。

リンク集

メニュー

© Copyright 2016 内臓脂肪を減らすAll Rights Reserved.