特定保健用食品で太っ腹対策

特定保健用食品で太っ腹対策

特定保健用食品で太っ腹対策

お腹周りを減らす事は直接的にはダイエットには、つながりませ
ん。

 

逆にダイエット効果があってもお腹周りの減少には
直接にはつながりません。

 

特定保健用食品の中でお腹の脂肪の減少効果があり
かつ長く飲むことが可能なものとしてはヘルシア緑茶がありま
す。

 

減量効果は報告では、100kcal/日程度なので30分の歩行と
同じ程度となります。

 

特定保健用食品で太っ腹対策

 

歩行や、このようなお腹の脂肪の現象効果のあるものも
組み合わせて、地道にお腹周りを引っ込めていきましょう。
内臓脂肪を落とすには、一日20分以上の時間を目安にして
有酸素運動を行いましょう。

 

運動には有酸素運動ともう一つ無酸素運動がありますが
無酸素運動の場合は、酸素効率が悪く
脂肪をうまく燃焼できないために適しません。

 

内臓脂肪の燃焼は、要は身体の代謝
細胞レベルでの新陳代謝の働きを改善していくことです。

 

また、ストレッチを行うことで、次の日に疲れや筋肉張り
などを残さずに次の日の運動に備えることができます。

 

ストレッチ、運動、ストレッチをワンクールとして
取り入れるようにしましょう。

メニュー

© Copyright 2015 内臓脂肪を減らすAll Rights Reserved.