食事と運動

食事と運動

食事と運動

内臓脂肪を燃焼させてその数値を減らしていく上で
必要なのが食事と運動です。

 

文明が発達して快適で便利な生活を送ることが
できるようになったのと引き換えに栄養バランスの
崩れた食事を摂るようになったり
また身体を動かさない運動不足になるような
ライフスタイルを身につけるようになりました。

 

食事の仕方も重要で、相対的にあまり食べ物をかまずに
食べる習慣があるために必然的に食べ過ぎになりすぎ
そして、内臓に負担をかけて消化にエネルギーをとられます。

 

欧米化した食事も脂肪分が多い為に脂肪が蓄積しやすく
なります。

 

栄養バランスを考えて脂肪を貯めない一番ベストな食事は
伝統的な和食です。

 

食事と運動

 

お米や豆、穀物や豆の組み合わせをとることで
栄養バランス満点の食事がとれます。

 

食事はよく噛んで食べること、よく噛んで食事をすると
満腹中枢が自然と刺激されるようになり
満腹感を感じ自然と食事の量が減ります。

 

食事は楽しくよく噛んで栄養確保で満点にすることが
食事から見た、内臓脂肪の落とし方の方法です。

 

早寝早起きを心がけ、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんを
規則正しくとること。

 

寝る前に食べ物を摂ることは代謝がうまくいかず
脂肪を貯める要因になるので寝る前の5時間ほどは
食べ物を控えるようすることが内臓脂肪の対策で必要です。

メニュー

© Copyright 2015 内臓脂肪を減らすAll Rights Reserved.